小豆島遍路・PART2 その3  第28番 薬師堂
 第29番 風穴庵
写真をクリックすると大きくなります。
28番・薬師堂。このあと民宿・三都乃浜に投宿。古びた宿だったが、釣宿なので鯛の刺身に兜煮等々、料理は最高であった。食堂の壁から天井一杯の大きな魚拓がすごく、一度筏釣りに来たいものだと思った。夕刻の海を見つめる哲学者みたいな猫も印象的だった。
女みたいな声を出す柳沢慎吾によく似た給仕の兄さんも面白かったが、後でTVの釣り番組で見ると筏釣り場の手漕ぎの船頭さんだった。翌朝筏でおじさんが一人でカレイを釣っていた。あとで新聞の釣り欄を見ると良型を数釣っていた。花寿波島を望む海岸にて。
このあと、近道を目指した山越えで笹藪に迷い込み、明美が膝に切傷を作った。29番・風穴庵。この庵は鍵がないので、泊まれそうである。畳もあり、水も出た(と思う)。
前回の遍路行、「二十四の瞳」ゆかりの田ノ浦を望む。きのうも今日も天気は抜群であったが、風がきつく、少し寒かった。